menu

John Kanaya’s Will

John Kanaya’s Will

John’s StoryVol.1

斜光が彩る東と西の出会い

スカルプチャード・グラス「天女の舞」

斜光が彩る東と西の出会い

ホテルのエントランスを入るときは天井を仰ぎ見ることを忘れないでいてください。美しい光彩の“天女”のグラスアートは彫刻家ガブリエル・ロワール(仏)による作品です。分厚いカラーグラスを槌で叩き割る斬新さにジョンは惹かれ、ホテル創業に際し、エントランスを飾る演出を彼に依頼したのでした。

作品のモチーフを天女としたのはジョンの選択です。東洋の美の象徴とガブリエル・ロワールのアートの組み合わせは、まさにジョンの理念「東洋と西洋の融合」の体現そのものといえます。ジョンはホテルの開業に立ち会うことなく他界しましたが、この天女とだけは面会を果たしていました。

金谷の創業を誰よりも待ち望んでいたジョンのもてなしの心を映した天女像。ジョンの精神は、ガブリエル・ロワール渾身の作を通し、色褪せることなく引き継がれているのです。

Learn More

Learn More

ガブリエル・ロワールの華麗なグラス作品が

美しく彩り飾る、美食と会話のひととき。

ダイニングJohn Kanaya」へ、ようこそ。

  • 次へ