menu

John Kanaya’s Will

John Kanaya’s Will

John’s StoryVol.12

人の数だけもてなしがある

ラウンジ7番席「思索の椅子」

人の数だけもてなしがある

開放的なラウンジに佇む大谷石の柱の向こう、エントランスから人目に触れることのない7番ソファー席は、ある常連のお客様の指定席です。
彼は常に最小限の荷物を携えて来られ、たったひとり、誰にも邪魔されない時間を過ごしていらっしゃいます。
ただ“テラスの自然と向かい合いたい”と、それ以上でもそれ以下でもなく。

祝福に充たされる方もいれば、孤独を楽しむ方もいる。出来得る限り交わりを避け、静かに過ごしたいという余暇のスタイルも尊重しなくてはならない。
ここは人の想いに応える場である。
ジョンはそのようにして、様々なお客様の欲求と真摯に向き合ってきたホテルマンでした。

その想いのバトンを受け取った今、お客様の願いは、私どもの願いでもあるのです。

Learn More

Learn More

開放感あふれる「ラウンジ」の思想は、

〝自然との一体感〟。そこから見える

風光明媚な渓谷、大吊橋遊歩道が誘います。

  • 前へ
  • 次へ