menu

John Kanaya’s Will

John Kanaya’s Will

John’s StoryVol.14

溢れんばかりの自然の恵みを

ダイニング[スカルプチャードグラス「フルーツバスケット」]

溢れんばかりの自然の恵みを

ジョン・カナヤが1971年に作った、伝説のレストラン「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」。その店内の随所には、美食を更に引き立てる美しいステンドグラスがありました。

それは彼が愛した、フランスの20世紀を代表するステンドグラス作家、ガブリエル・ロワールによるもの。「スカルプチャードグラス」と呼ばれ、分厚いガラスを割った破片を組み合わせて作られる作品です。

レストラン閉店後、ガブリエルの作品はいま当館を飾っています。その厚みがガラスの透明感に不思議な奥行きを加え、鮮やかな色彩と強い存在感を併せ持つ稀有な作品たち。モチーフとなった「バスケットから溢れるフルーツ」は、クリスチャンであったジョンによる”恵みに対する感謝のしるし”でしょうか。“鬼怒川”とその周辺の自然の恵みを最大限に活かしながら、当館は今日もお客様をお迎えしています。

Learn More

Learn More

ガブリエル・ロワールの「フルーツバスケット」、名品が彩るのは当ホテルでも格別な空間と時間。「ジョンカナヤスイート ダイニングルーム」。

  • 前へ
  • 次へ