menu

John Kanaya’s Will

John Kanaya’s Will

John’s StoryVol.15

遊びをせんとや生れけむ

シガーサロン「ゲームテーブル」

遊びをせんとや生れけむ

ジョンは、よくゲームを嗜みました。“世界最古のボードゲーム”ともいわれるバックギャモンも彼のお気に入りのひとつ。それは、ゲームを通して人物を正しく測ろうとするのと同時に、全身全霊で遊戯に没入し、童心を取り戻すためでもありました。

純粋な好奇心、自由な発想、それらが錆びつかぬよう、人を招いてはたびたび卓に向かい合ったジョン。また、バックギャモンはダイス(サイコロ)を用いるゲーム。ある意味では“運”や“流れ”に左右される遊びの場において、思うようにならない場面でも最善の一手を模索するための心の持ち様を学んでいたのかもしれません。

後年、ジョンはホテル業界に初めての和風スタイルの導入を提言するなど、常識にとらわれない発想で時代を牽引。それは、“遊ぶこと”によって育まれた彼の創造力の賜物であり、“ホテルにも遊びを”という彼のポリシーの表れだったのかもしれません。

Learn More

Learn More

ジョンが大切なお客様たちと紫煙をくゆらし、遊びに興じた「シガーサロン」には、貴重な「オールドノリタケ・コレクション」なども。

  • 前へ
  • 次へ