menu

John Kanaya’s Will

John Kanaya’s Will

John’s StoryVol.16

和洋相照らして

シガーサロン「オールドノリタケ」

和洋相照らして

当館のシガーサロンのガラスケースに、仄かな灯りを受けて佇むオールドノリタケ・コレクション。ビアズリー、あるいは夢二を想い起こさせる美しいレディ達の“美の饗宴”は、今なお人の心を惹き付けてやみません。

激動の明治期、外貨獲得の使命を受けて欧米への輸出を開始したオールドノリタケ。既に高い評価を確立していたヨーロッパの陶磁器と同じ土俵で競い合うため、アール・ヌーヴォーやアール・デコなど最先端のデザインを絶えず取り入れました。しかし一方で、ルーツである日本的な感性を忘れることなく、両者を融合して作り上げた独特の美意識こそが多くの人の心を掴んだのです。それはまさに、ジョンが身上とした”和敬洋讃(和を敬い、洋を讃える)”と志を同じくするものでした。

館内には、陶磁器の他に当時の貴重なデザイン画も残っており、往時の繊細な“美の息遣い”を感じさせてくれます。ジョンが当館に残したスピリットは、今も私達の進むべき道を照らしています。

Learn More

Learn More

「オールドノリタケ」の希少なデザイン画も、
テラスダイニングの壁やガーデンダイニング
半個室に飾られ、郷愁溢れる美を競います。

  • 前へ
  • 次へ