鬼怒川金谷ホテルとは

EAST
MEETS
WEST

ジョン・カナヤが愛した「渓谷の別荘」

ジョン・カナヤが愛した
「渓谷の別荘」

創業者ジョン・カナヤが描いた、
“おもてなしの心”と
“美学にあふれた
ダンディズム”の世界観。
鬼怒川金谷ホテルは、
淀みない鬼怒川と
たくましい渓谷が
織りなす自然美にふれながら、
大切な人と心ゆくまで語らえる場所です。

日常を華やかに彩る居心地の良さとモダンで
洗練された空間・サービスは、
ここが「渓谷の別荘」であることを
物語っています。

和敬洋讃

和敬洋讃

私たちのルーツは日本最古の
リゾートホテルです。
東洋と西洋、伝統とモダンが
心地よく合わさった
空間・サービス・料理を通じて、
いつの時代も最高の笑顔になっていただける
時間をお約束いたします。

おもてなしの心と美学

おもてなしの心と美学

真心に根ざしたおもてなしを通じて、
心をほどいてくつろげる
リゾートエレガンスな
サービスをお約束いたします。

和のラグジュアリーリゾート

和のラグジュアリーリゾート

四季の移ろう時間を大切にする
日本らしい感性豊かなしつらえを通じて、
自然との一体感に感動する、
忘れられない滞在をお約束いたします。

金谷流懐石

金谷流懐石

四季折々の地場食材を厳選し、
少しずつ豊富な一皿に。
懐石料理をベースに
西洋のテイストを取り入れた
贅沢な食体験をお約束いたします。

John Kanaya

ジョン・カナヤ

ジョンカナヤ

How do you do?
Nice to meet you.

日本のホテル近代化の立役者、
金谷鮮治

流暢な英語で語りかけられた「はじめまして」。これは鬼怒川金谷ホテルの創業を指揮したジョン・カナヤこと金谷鮮治が、生まれたばかりの孫に最初にかけた言葉です。

“ジョン”はクリスチャンの洗礼名で、本人は生粋の日本人。日本最古のリゾートホテルとして名高い日光金谷ホテルの創業者、金谷善一郎の孫にあたります。西洋式の家庭環境で育ち、パイオニア精神を深く受け継いだ鮮治は、一流ホテルで修行を積んだ後、鬼怒川金谷ホテルの初代社長に就任。当ホテルと鬼怒川エリアの発展だけでなく、国内ホテルの近代化にも大きく貢献しました。

継承と進化を繰り返す
“和敬洋讃”のスピリット

1971年、鮮治は「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」をオープン。日本の食文化を西洋の料理、インテリア、サービスと融合させたレストランは、彼の経営哲学である“和敬洋讃”を具現化したものでした。和洋両方の良さを兼ね備えた一流の設備とサービス。その集大成として1978年に鬼怒川金谷ホテルが開業しました。

開業を心待ちにしていた鮮治は前年に病のため他界。完成を見ることは叶いませんでしたが、彼の子孫たちへと、そのスピリットは継承されています。経営哲学を守りながら、時代に合わせて改良し、別荘のくつろぎとホテルの洗練さ・利便性を融合。日本最古のリゾートホテルから、日本最高のリゾートホテルへ。カナヤ・スピリットの挑戦はこれからも続きます。

ホーム鬼怒川金谷ホテルとは

創業40周年記念 シークレットクーポン
close